SPAWエディター使用のXOOPSはだいぶ昔のものだし、セキュリティ的に使っていること自体が問題かもしれませんが、でも、例外もありますので……。

SPAWエディターが、Googlechromeなどの新しいブラウザや、IEのバージョンアップで表示されなくなりまして、まぁ、そういうものかなと、利用する必要がある場合はIEの互換表示でごまかして利用していたのですが、なんかのきっかけでそれに関する記事を発見。

古いCMS環境を最新ブラウザで使うための改造

貴重な資料をありがとうございます。

ということで、ブラウザ判別がひっかかっていたらしいです。そうですね、SPAWの時代にGooglechromeはなかった……。IEのバージョンアップでエディターが表示されなくなったとき、バージョンの判別のスクリプトをいじったりしたことがあったので、それでピンとくるべきだったなぁ……。

ということで、

「class/util.class.php」の「function checkBrowser()」に//▼▼ここから追加▼▼から//▲▲ここまで▲▲を追加。

  function checkBrowser()
  {
    $browser = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
    // check if msie
    if (eregi("MSIE[^;]*",$browser,$msie))
    {
      // get version 
      if (eregi("[0-9]+\.[0-9]+",$msie[0],$version))
      {
        // check version
        if ((float)$version[0]>=5.5)
        {
          // finally check if it's not opera impersonating ie
          if (!eregi("opera",$browser))
          {
            return true;
          }
        }
      }
    }
    elseif (ereg("Gecko/([0-9]*)",$browser,$build))
    {
      // build date of version 1.3 is 20030312
      if ($build[1] > "20030312")
        return true;
      else
        return false;
    }
    //▼▼ここから追加▼▼
    elseif (ereg("Chrome",$browser))
	{
		return true;
	}
	elseif (ereg("Firefox",$browser))
	{
		return true;
	}
	elseif (ereg("Safari",$browser))
	{
		return true;
	}
	elseif (ereg("Trident",$browser))
	{
		return true;
	}
	//▲▲ここまで▲▲
    return false;
  }
 

まぁでもそもそもあんまり使わない方がいいとは思うんですが……。
久しぶりにXOOPS関係の記事を書きました。