picoのwrapsの範囲を変えてみる

picoのwraps機能は、XOOPS_TRUST_PATH/wraps/任意のモジュールパス名のページを読み込んでくれるもので、自動的に<body></body>の間を取り出すようになっています。

<body></body>の中を注意してつくればいいんですけども、やっぱデザイナーさん的には、周りのフレームをつけた状態でコーディングしたいし、あとで<body></body>内からフレームをけすことも出来るけど、校正はつけて、実際ははずして・・・・・・なんて、あとのデータの管理が大変。

デザイナーさんにストレスなくコーディングしてもらうために、任意の記号内を取り出す仕様にできないかなぁと改造。

やっぱり、ちょっと手を加えるので、非推奨かも・・・・・・。メモ代わりに

xoops_trust_path/modules/pico/filters/pico_wraps.phpのファイルL.20あたり

if( preg_match( ‘/\<body[^<>]*\>(.*)\<\/body\>/is’ , $text , $regs ) ) {

if( preg_match( ‘/\<here[^<>]*\>(.*)\<\/here\>/is’ , $text , $regs ) ) {

に。

そして、ファイルのほうは、取り出したい部分を<here></here>で囲みます。

このhereって大丈夫だと思うけど・・・・・・。

まぁ、別のありえない文字にしてもよいと思います。

terarinとか・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です