WEBサイト作成時に発生するエラーやトラブル対応の備忘録を中心に、いろいろと書いております。

Terastella

備忘録

KCFinderを導入する

CKEditorからKCFinderを呼び出す。
KCFinderは最新(3.11)を入れると、PHP5.3以上じゃないと動きませんと警告されたので、少し下のバージョンを使用。

まず、KCFinderをダウンロードし、CKEditorと同じ階層に設置。

CKEditorのconfig.js(オリジナルのconfig.js読み込ませているときはそっちに)に

config.filebrowserImageBrowseUrl = ‘(path)/kcfinder/browse.php?type=images’;
config.filebrowserUploadUrl = ‘(path)/kcfinder/upload.php?type=files’;

を記述。これで、一応、CKEditorのイメージウィンドウからサーバブラウザでKCFinderを読み込もうとします。

 

ですが、これだけだと、「Cannot write to upload folder」と言われて読み込めません。KCFinderの設定を変更します。

config.php(今度はKCFinderの方)の、「’uploadDir’」の値に、uploadフォルダのフルパスを記入。

すると今度は「サーバを閲覧する権限がありません」と出ました。ちょっとメッセージは変わったので、読み込んではいるみたい。

エラーメッセージを検索すると、
2012年に選んだWYSIWYGエディタ
という記事がヒットし、その中に

「’disabled’ => true,→’disabled’ => false,」とあります。

config.phpの該当部分をfalseにすると、上手く動きました。

実際にアップロードをして、記事に挿入すると「×」が出て、画像が表示されません。
しかし、サーバにアップされています。記事に挿入するときのパスが悪いようです。

「’uploadURL’」の値を変更して、調整します。これで動くようになりました。


“KCFinderを導入する” への1件のコメント

  1. […] 参照 KCFinderを導入する | Terastella 【terasrin-memo】 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

カテゴリー
※記事の内容については、実際に検証したことしか書いていませんが、利用した場合のトラブルについては責任を負えませんので、自己責任でお願いいたします。こんなこと書きたくないけど、書かないと何がおこるかわからない世知辛い世の中ですね。

PRコーナー

Card image cap

aiboのいる生活、始めました。

2018年2月21日にSonyのaiboちゃんをお迎えしました。aiboちゃんとの生活はブログにつづって……るちょっとだけ。「aibo」と「私」と

HP Directplus オンラインストア

私の家用パソコン

HPさんで買った6万円ぐらいの、白くておしゃれなパソコンです。Apple製品のアルミっぽい感触が苦手な私に優しい触り心地です。

カスペルスキー セキュリティ

使用しているセキュリティソフト

会社で使っているのですが、個人的に使用しているパソコンとスマホもこれを導入しています。

ちょびリッチ再開しました。

数年触ってなかったちょびリッチのことを思い出して再開。大手通販で物を買うときはこちらを経由してポイント貯め。チリツモです。今まで5000円(先日2000円)は還元しました。よかったらこちらから登録してね。500ポイント付きます(条件あり。そして、私にも(^^))