xoops導入時に加えるスタイルシート

うちで作るXoopsは、Xoopsとしてのデザインありきではなくて、普通にサイトを作ってからXoopsに当てはめていきます。
だから、スタイルシートもXoops用というよりかは、普通のサイト用。
でも、ときどきXoopsに当てはめてから必要になるXoops用のスタイルシートってのがあるんですね。
とりあえず、そのときは普通のサイト用のスタイルシートに、以下を加えてます。

これは、どちらかというと私の仕事用メモ。

/*add for xoops*/
table.outer{
}

table.outer th{
ツꀀpadding: 5px;
ツꀀbackground: #76B30D;
ツꀀcolor: #FFFFFF;
ツꀀfont-weight: 600;
}

table.outer td{
ツꀀpadding: 5px;
ツꀀborder-coror: #555555;
}
table.outer td.head{
ツꀀbackground: #D5EDA1;
}

td#usermenu{
ツꀀborder: 0px;
}
td#usermenu a{
ツꀀdisplay: block;
ツꀀwidth: 170px;
ツꀀpadding: 5px;
ツꀀbackground: #D5EDA1;
ツꀀborder-top: 1px solid #FFFFFF;
ツꀀborder-bottom: 1px solid #76B30D;
}
td#usermenu a:hover{
ツꀀdisplay: block;
ツꀀwidth: 170px;
ツꀀpadding: 5px;
ツꀀbackground: #FFED46;
ツꀀborder-top: 1px solid #FFFFFF;
ツꀀborder-bottom: 1px solid #F4BF23;
}

.blockTitle{
ツꀀdisplay: block;
ツꀀwidth: 170px;
ツꀀpadding: 5px;
ツꀀbackground: #76B30D;
ツꀀcolor: #FFFFFF;
ツꀀfont-weight: 600;
ツꀀmargin-top: 15px;
}


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です