zenlogic・サーバやドメイン契約の顛末について

私の勉強不足だったのかもで、もしかしたら、サーバーを取り扱っている方や、他のWEB関係の方の中では、常識の範囲で、こんなことにつまづいたのが恥ずかしいことなのかもしれませんが、なんかの役に立つのかもなので、残しておきます。

zenlogicのサーバを利用していました。
2018年夏の例の障害の件で被害を被りましたので、データだけ別サーバに移し、DNSの設定の変更等をしてドメインの管理だけ残しました(契約期間の関係でドメインはすぐに移せなかった)。
ドメインの管理だけ契約に残し、サーバの契約を切っても大丈夫かと問い合わせたら、大丈夫と返答がきたので、サーバの契約を切るお願いをしました。

そうすると、サーバ契約が切れたころに、サイトが見えなくなりました。
「IPが見つかりません」などというエラーが出ていました。

zenlogicに残していたドメイン契約を調べてみると、DNSゾーンのいろいろとしていた設定が、zenlogicへのネームサーバの設定だけになり、DNSゾーンの設定もできなくなっていました。

問い合わせると、サーバに保存してたとかなんとかで契約解除とともにすべて消えたらしい。
(サイトが見えなくなってるのは、ネームサーバが弊社の物になっているからではありませんか?と言われたときは、なんだかめちゃくちゃ腹が立った。)

つまり、DNSレコードの変更は、zenlogicさんでサーバを契約してないとできないようです。

こういうの、「ドメインの契約を残して、サーバ契約は切ってもらって大丈夫」って状態じゃないのではないのでしょうか?
ドメインとサーバーどちらも契約していただかないとダメですってことと同じことなのでは……。
こんなことならサーバー契約残して、お名前.comとかに移してからサーバ契約切りました。

私の勉強不足かもだし、WEB業界では当たり前なのかも?
サーバにめちゃくちゃ詳しいわけじゃないからこそ、問い合わせして確認したのですが、まったくのムダでした。多分理解の層が違うのでしょう。技術者的には「当たり前」なのかもです。「仕様」なんです。
しかし、サーバに詳しい方でなくても使えます的なうたい文句で、その回答はないんじゃないかとも思いました。

ドメイン管理できますってのが、お名前.comやムームードメインみたいなものなのかなと思っていたけど、本当に「保つ」だけの管理だった。
その認識が間違いだったのでしょう。

ただ、他にもサーバに私よりも詳しい方と二人で相談しながらやっても、やはりこの誤解?は生まれたので、同じようにzenlogicでサーバ契約解除とドメイン契約継続を考えておられる方はご注意を。
私も、ドメインの契約期間の問題さえなければ、さっさとドメインも移行させる予定だったので、なかなかないケースかもしれませんが。

私は数年前のfirstserverの障害にもあい、それでも、一度そんな大きな障害を起こしたからこそ、次は他のレンタルサーバ業者より気を付けるであろうと思って契約を続けました。

しかし、今回の夏の一件で、「やっぱダメなのかな」と思い、また今回の対応で「絶対にお勧めしないサーバ」になりました。
どこかで、技術者の怠慢というか……一般人が使うサーバでありながら、一般人の意識が想定できない対応なんだなと思いました。

スマイルサーバとか、なんでドメイン管理だけしてくれないんだろうと思ったことあるけど、そういうことなんだなぁ。
今回の場合、「サーバ契約をしてくれてないとドメイン管理はできない」っていう方が、よっぽど正しい対処なんでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください