カテゴリー別アーカイブ: テンプレート(EC1)

管理画面の検索部分プルダウンの日付について

商品管理 – 商品マスタの「登録・更新日」
顧客管理 – 顧客マスタの「最終購入日」
受注管理 – 受注管理の「受注日」「変更日」
メルマガ – 配信内容設定「登録日」「最終購入日」

は、
data\conf\conf.php L210のdefine (“RELEASE_YEAR”, 2005);で管理されているので、そこを変更すること。
顧客管理 – 顧客マスタの「最終購入日」
メルマガ – 配信内容設定「登録日」「最終購入日」は、RELEASE_YEARから現在の年+3の選択肢となる。ちょっと不思議な感じですが。

顧客管理 – 顧客マスタの「登録・更新日」は、
admin\customer\index.php の L.91 $objDate = new SC_Date(1901);
で設定してあるが、この1901は、同じところの誕生日部分に関わってくるので、下手に「2008」とかできません。

なので、テンプレートを変更します。

data\Smarty\templates\admin\customer\index.tpl
「登録・更新日」の
<!–{html_options options=$arrYear selected=$arrForm.end_year}–>
となっているところを

<!–{html_options options=$objDate->getYear($smarty.const.RELEASE_YEAR) selected=$arrForm.end_year}–>

と変更します。

レイアウトを指定する

ブロックのレイアウトを出現させたいで説明していたことだが、これはDEF_LAYOUTに同じテンプレートを使いたいページのアドレスをいれるだけで、そのページと同じレイアウトがひっぱってこれる。

こんな感じ

$objPage = sfGetPageLayout($objPage, false, “http://” . $_SERVER[‘HTTP_HOST’].”/user_data/questions.php”);

すっごいなー・・・・・・と思ってしまいました。
ちなみに、DEF_LAYOUTに何も入ってない場合は、自分自身のアドレスを取得するのでした。

ブロックのレイアウトを出現させたい

EC-CUBEでは、カート等では、ブロックのない表示となる。
他のページ同様に、ブロックのあるページにしたい。

例えば、cart/index.php(カートページ)に、ブロックを表示させたい場合、そのL31以降に、下記を追加する

$objPage = sfGetPageLayout($objPage, false, DEF_LAYOUT);

このとき、DEF_LAYOUTで提示されているレイアウトのようになる。
このDEF_LAYOUTは data/conf/conf.phpのL80あたりで設定されています。

カテゴリー階層の表示のさせ方

左図のように行いたい。

各レベルを利用して、簡単なスタイルシートで出来るようにする。

category.tpl

<!–商品カテゴリ開始 –>
<div>
ツꀀ<h6><img src=”<!–{$smarty.const.URL_DIR}–>basic_img/t_cate2.gif” alt=”商品カテゴリ” width=”178″ height=”48″ border=”0″ /></h6>
ツꀀ<!–Level1 –>
ツꀀ<ul>
ツꀀ<!–{section name=cnt loop=$arrTree}–>
ツꀀ<!–{assign var=level value=”`$arrTree[cnt].level`}–>
ツꀀ<!–{assign var=disp_name value=”`$arrTree[cnt].category_name`”}–>
ツꀀ<!–{if $arrTree[cnt].display == 1}–>
ツꀀツꀀ<li>
ツꀀツꀀ<!–{if $tpl_category_id == $arrTree[cnt].category_id }–><strong><!–{/if}–>
ツꀀツꀀ<a href=”<!–{$smarty.const.URL_DIR}–>products/list.php?category_id=<!–{$arrTree[cnt].category_id}–>”><!–{$disp_name|sfCutString:20|escape}–>(<!–{$arrTree[cnt].product_count|default:0}–>)</a>
ツꀀツꀀ<!–{if $tpl_category_id == $arrTree[cnt].category_id }–></strong><!–{/if}–>
ツꀀツꀀ</li>
ツꀀ<!–{/if}–>
ツꀀ<!–{/section}–>
ツꀀ</ul>
</div>
<!–商品カテゴリ終了 –>

ツꀀ 続きを読む

トップページにだけ表示させる。

こちらを参考

▼トップページのみにイメージを表示させるための記述

<!–{assign var=●● value=”`$smarty.const.URL_DIR`index.php”}–>
<!–{ if $smarty.server.PHP_SELF==$●●}–>
<!–▼TOPIMAGE–>
<table width=”780″ border=”0″ cellspacing=”0″ cellpadding=”0″ summary=” “>
<tr>
<td><img src=”<!–{$smarty.const.SITE_URL}–>img/top/image.jpg” width=”780″ height=”208″ alt=”ふとんやさんです”></td>
</tr>
</table>
<!–▲TOPIMAGE–>
<!–{/if}–>

●●は任意に。