sakuraインターネットでマルチドメインwordpress

【条件】

サーバはsakuraインターネット。ドメインはsakura以外で取得。

mainsite.jp(あくまで例のドメイン。メインというかルートに真っ先に設定する)
subsite.jp(あくまで例のドメイン。二つ目のサイト)

をwordpressでマルチドメインで使用したい。

———————————————————————–

いろいろと読んでましたが、ここのページが一番わかりやすかったです。

実は可能だった、さくらサーバでのサブドメイン(マルチドメイン)型WordPressマルチサイト化。

ですすめていたら「ワイルドカード DNS が正しく設定されていない可能性があります。」という警告。
とりあえず無視して進めてよいというような記事があるので、とりあえず進めてみたら、いけました。

あと、ネットワーク管理者のダッシュボードから、新しいサイトを追加するときに、上記の記事では「ディレクトリを入れる形式になっている」とありましたが、実際にはサブドメインを入れる形式になっていたのでそこがちょっと違うかもです。

そして、このサブドメインを入れる形式が、ものすごーく長い1行のテキスト記入エリアの下に「.mainsite.jp」となっていて、意味の分からない私は「.mainsite.jp」はサンプル回答なのだと思い、「example.mainsite.jp」でとりあえず設定したかったので、1行のテキスト記入エリアに「example.mainsite.jp」と入れました。

すると、サイトのアドレスが認識できないみたいなエラーではじかれました。

実際はその1行のテキストエリアには「example」だけ入れたらよくて、その記入エリアの下の「.mainsite.jp」と合わせて「example.mainsite.jp」と読めるようになってたらよかったんですねー。親切過ぎて間違えた。(ってことは、前日に他の環境で散々失敗したのも、それが原因だったか)

あと、私が勘違いしていたこととして、sakuraインターネットのマルチドメインは、
wwwにmainsite.jp、www/subsite/というフォルダにsubsite.jpを当てるというやり方だったため、なんとなくそういう設定なのかなと思っていたこと。

しかし、wordpressはwwwに置いたwordpressファイルで展開するのだから、メインとなるドメインも二つ目のサイトも同じwwwのファイルがあてられる。

つまり、index.phpに接続したのが、mainsite.jpでかsubsite.jpでかで、siteid:1で展開するか、siteid:2で展開するかの問題なのだと思う。

実際にフォルダがあるというイメージが付きまとっていたので、なんだかよくわからなくなってしまった・・・

さて、その記事に忠実に設定を行っていれば、マルチサイト化は出来ます。

Continue reading

KCFinderを導入する

CKEditorからKCFinderを呼び出す。
KCFinderは最新(3.11)を入れると、PHP5.3以上じゃないと動きませんと警告されたので、少し下のバージョンを使用。

まず、KCFinderをダウンロードし、CKEditorと同じ階層に設置。

CKEditorのconfig.js(オリジナルのconfig.js読み込ませているときはそっちに)に

config.filebrowserImageBrowseUrl = ‘(path)/kcfinder/browse.php?type=images’;
config.filebrowserUploadUrl = ‘(path)/kcfinder/upload.php?type=files’;

を記述。これで、一応、CKEditorのイメージウィンドウからサーバブラウザでKCFinderを読み込もうとします。

 

ですが、これだけだと、「Cannot write to upload folder」と言われて読み込めません。KCFinderの設定を変更します。

config.php(今度はKCFinderの方)の、「’uploadDir’」の値に、uploadフォルダのフルパスを記入。

すると今度は「サーバを閲覧する権限がありません」と出ました。ちょっとメッセージは変わったので、読み込んではいるみたい。

エラーメッセージを検索すると、
2012年に選んだWYSIWYGエディタ
という記事がヒットし、その中に

「’disabled’ => true,→’disabled’ => false,」とあります。

config.phpの該当部分をfalseにすると、上手く動きました。

実際にアップロードをして、記事に挿入すると「×」が出て、画像が表示されません。
しかし、サーバにアップされています。記事に挿入するときのパスが悪いようです。

「’uploadURL’」の値を変更して、調整します。これで動くようになりました。

Windows Live Writerのテスト

WordPressのエディターは、とくに使いにくいなんてことないと思うのですが、お客様から「使いにくいから嫌」と言われました。

お聞きしていると、「写真がいれにくい」「写真の位置が変更できない」ということで、なんだかご利用中のWordPressのバージョンや、ブラウザのバージョンで起こっているような気がしないでもないのですが、確認できる雰囲気でもなく。

もっと簡単なエディターがないかなぁと思っていると、「Windows Live Writerを使うと、パソコンからドロップですぐに画像が貼り付けられたりできますよ」と教えてもらったので、試しているところです。

画像の貼り付けテスト

Chrysanthemum

↑フォルダからぽいっと入れてみました。勝手にシャドーとかかかっているけど。どうなるかな。
(投稿後追加:ちゃんとシャドーかかってます。画像に直接スタイルシート埋め込んでるみたいですね)

文字のサイズ

あとは、地図とかも入れれるみたいだけど、検索にめちゃくちゃ時間がかかるので、ちょっと試せなかったです。あと、フォントが変なの選ばれてるけど、実際どうなるかな……。(投稿後:フォントも実際には、何か変なのをかけられているわけではなくて、プレーンなテキストが投稿されました)

(投稿後追加:結構思ったよりもすんなりと簡単に投稿できました。ぽいっと入れた画像については、ちゃんと、uploadsフォルダに入れられますし、メディアから引っ張ることも可能です。トリミングもぽいっと入れてからできますし、上記のようにシャドーをかけたりとか簡単でいいかもです。カスタムフィールドには、プラグインで対応できるみたいです。『WindowsLiveWriterをWordPressカスタムフィールドに対応させる方法』あと、カスタム投稿ができればっ!!)

あ、あと、こちらでとても上手に紹介されていたので、参考に。

無料のブログ投稿ツールWindows Live Writer 2011が秀逸なので改めて紹介してみた

wordpressの表示をもっと早くしたい

wordpressでサイトを作ってみたものの、そのサーバーのスペックもあまりよくなかったってのもありますが、とっても重い。
(ちなみに、ラピッドサイト。旧アイルとラピッドサイトとは、ほんとぉぉぉぉに相性悪くていや)

いろいろ調べているうちに、

http://gtmetrix.com/

で、早さを調べることができて、評価も教えてくれるみたいだから、やってみました。

gtmetrix

まぁ、遅い。13秒って。

そのあと、wordpressのプラグインを入れてみました。
最終的に参考にしたのは、
これで軽くなる!? WordPress おすすめキャッシュ化プラグインのご紹介

試したのは、以下のプラグイン。で、採用したのは「○」の二つ。
Quick Cache
001 Prime Strategy Translate Accelerator
MO Cache
DB Cache Reloaded Fix

記事内にある「W3 Total Cache」については、サーバのスペックがついていけないとかえって重くなるということが書いてあるので、避けました。なんせ、「001 Prime Strategy Translate Accelerator」と「MO Cache」は二つとも入れたほうがよさそうだったので入れて、「MO Cache」を有効化した瞬間に、管理画面真っ白になりましたからね。

デバックonにしたら、メモリ不足って言われましたからね。無理かなと。

ちなみに管理画面真っ白になった状態で、プラグインを停止する方法については

[WordPress] プラグインを手動で無効にする方法

を参考にしました……。

あと、簡単に対応できそうな「Configure entity tags (ETags)」の対応を次の記事を参考にしました。

YSlow: “Configure entity tags (ETags)” に関する設定

それから、トップページで使っているサムネイルが、大きな画像を小さく無理に表示させているのが読み込みに時間がかかっているようでしたので、それを改善。
カスタムフィールド使って、表示しているので、カスタムフィールドの画像からそのサムネイルの引っ張り方がわからず放置していたのですが、調べて対応しました(また方法は掲載します)。

gtmetrix-2

とりあえず、2秒から3秒へ……。まだ改善の余地はありそうです。続きはまた。

サイトがウィルスバスターでURLブロックされたら

今までなんともなかったサイトが、

「アクセスしようとしているURLには潜在的なセキュリティリスクが存在します。トレンドマイクロウィルスバスターでは、ネットワークセキュリティポリシーと合致しないため、このURLをブロックしています。

URL: ×××××
危険度:危険
詳細:不正、または脅威の発信源であると確認されたページ」

と表示されて突然のブロック。

それは、お客様もびっくり。ただのデジタルブックなのに(Flashとかjavascriptとか動いてるから?)

同じ仕組みの同じ階層のデジタルブックは問題ないし……ということで、トレンドマイクロに再審査してもらおう!と

http://jp.sitesafety.trendmicro.com/index.php

こちらから、安全性の評価ができ、その先で「評価内容変更のリクエスト」ができます。

私がお願いしたときは、1時間以内にお返事が来ました。

【Perl】置換演算子のあたりでSoftware error発生?

Perlは、よくわからん……といえども、エラーが出たら解決せねば。

【エラーの内容】
・今まで動いていた(2年前ぐらいにテスト済み)メールフォームが突然、メールを送ろうとすると以下のエラーが表示されるようになった。

Software error:

Invalid [] range “A-0” in regex; marked by < -- HERE in m/<[A-0 <-- HERE 4]繝ゥ繝・スけ繝繧、(・ス・700)>/ at functions.cgi line 289.
For help, please send mail to the webmaster (admin@xxxxxxxx), giving this error message and the time and date of the error.

【エラーが出ているところ】
$config{“return_body”} =~ s/< ${key}>/$repchar{$key}/g;
$config{“posted_body”} =~ s/< ${key}>/$repchar{$key}/g;

【試したことと結果】
#を付けて回避 → メールが普通に遅れるようになった。
 メールの中で 自動返信メールには < 姓>様 として、メールフォームで「姓」「名」でinputされた「姓」が置換されるようになっている。
 その置換の部分だったので、< 姓>様がそのまま表示されるようになった。

 とりあえず急いでいたから、< 姓>様を削除して対処。
Continue reading

CKEditorを入れてみる

WYSIWYGエディタのCKEditor
FCKEditorの跡継ぎバージョンというか、なんというか。
導入はFCKEditorよりも簡単だった。class=”ckeditor”に目がけて出るようになってるのかなぁ。

参考サイトは
CKEditor 使い方(@とりあえず作ってみます

必要なものだけ、というのが一番ありがたかったりしました。
ckeditor.js
/adapters/
/images/
/lang/
/plugins/
/skins/
/themes/

ただ、「htmlファイルでconfigs.jsを読み込んだ後に」というのは、「ckeditor.js」の間違いではないかなぁと思ったり……。config.jsを読み込んでも表示しなかったです。

あとは CKEditor 設定編 を参考に設定します。ありがとうございます。

更新ping機能を追加するために読んだページリスト

更新pingの機能を追加するために、読ませていただいた(多謝)ページのリストを残しておきます。

流れとか仕組みとか

更新Ping 送信方法

ブログの更新PingやらXML-RPCやらweblogUpdates.ping

RSSを配布せよ!

スクリプトとか

更新Pingの送受信 (簡易版)

PHPで更新Pingの送信(PEARが必要)

更新Ping(weblogUpdates.ping)をphpで送信する

【php】更新Pingをphpで送信する(weblogUpdates.ping 引数3つ)xmlrpc_encode_requestは、自己責任で使用とあるので注意)

PHPで更新pingを送信する

XML-RPC

XML-RPC 仕様書

自分のサイトにgoogleの翻訳機能を追加する

プルダウンで言語を選んで、「翻訳」する機能を自サイトへ追加するだけなのですが、

http://translate.google.com/translate_tools

参考です。

これ、日本語で「翻訳」って出て、「日本語で翻訳って出ても英語圏の人、わからないじゃん」と馬鹿にしてたんですが、馬鹿なのは私でした。

ブラウザの言語で変わるみたいです。

GoogleChromeのブラウザ言語変えたときは反応しなかったのになぁ。気のせいだったのか。
InternetExplorerの言語を変えたときは反応してました。

その他のブラウザでは確認してません。