SSHで接続とかさくらのVPSとか

SSHでサーバ接続をしなければならなくなったので、
RLoginというソフトをダウンロード。
http://nanno.dip.jp/softlib/man/rlogin/

SSHのコマンドを使ってみることにしましたが、とりあえず「圧縮してダウンロード」をしてみるために以下を読みました。

WEBデザイナーでも出来る!SSHコマンド超入門

忘れやすい人のためにscpコマンドメモ

ssh でファイル転送(SCP コマンド)

また、公開鍵を発行してほしいとかいう要望があったので、以下を参考に発行

http://www.kuins.kyoto-u.ac.jp/news/47/putty-gen.html

最近、さくらのVPSをいじる機会があったので、公開鍵とか秘密鍵とか、作ったところだったのでした。

普段こういうことをまったくしないので、仕事が仕事を呼ぶのかなぁと不思議になったのでした。

ちなみに、さくらのVPSについては以下のサイトがかなり詳しくて、ありがたかったです。

初心者でもわかる!さくらVPS – Sakura VPS マニュアル

他にもいろいろサイトがあるけど、「iで挿入モードにして、etcで挿入モードやめて、:wqで保存終わり」みたいなことイチイチ書かれてないから、最初に他のサイト見ていたら、絶対わからなかったと思います。

ただ、その丁寧な説明どおりにしていても一か所だけうまくいかなかったところがありました。

apachのデフォルトページが出なくて困ってまして、

[Linux]さくらVPSのCentOSにApacheをインストール
にあるように「apacheの起動」でservice httpd startで動かして、デフォルトのページが表示されるようになりました。もしかしたら、私が手順を抜いてたかもしれないけども…

 

そして、初心者でもわかる!さくらVPS – Sakura VPS マニュアルは、mySQLのインストールは書いてあってもpostgreSQLについては何も書いてありませんでした。
それについては、以下を参考にしました。

さくらVPSにデータベース機能を持たせる(postgreSQL編)

phppgadminのインストールは下記を参考

【まとめ】初心者がさくらVPSでWEBサービスを立ち上げるまで頑張る1

 

多くの有益な情報をありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です