WADAXサーバにてDNS切替後500エラー発生

WADAXの共用サーバにEC-CUBEをインストール。
初期ドメインではうまく動いていたEC-CUBEが、DNS切り替え後、どこを触っても500エラー。
ただのindex.htmlを入れても、500エラー。

原因は、パーミッションでした。

しかし、WADAXにEC-CUBEをインストールしたときに、
EC-CUBE側から言われた通りにパーミッションを変えました。
でないと、ドキュメントルートのフォルダに777なんて……普通やるはずがない。

WADAXのQA「パーミッションの設定はどうすればいいの?」
http://faq.wadax.ne.jp/wdx5569/web3765/faq/Detail.aspx?id=33&isCrawler=1

ドキュメントルートのパーミッションを「755」に設定すれば、ひとまず動き出しました。

あとは、user_dataフォルダ以下とか、EC-CUBEのインストール時に「777」にしたフォルダを「755」や「707」に、新規ページ作成などで自動で作成されたphpなどは「705」に変更していけば、一通り動くように。

初期ドメイン時に作成した「user_data」に格納される新規ページのphpなどは、所有者が「web」などになってパーミッションが変更できなかったため、一旦ファイルをダウンロードし、削除、再度アップロードすることで所有者を変更。その後、パーミッションを設定しました。

ただ、この状態でも、新しくページ追加などをすると、phpのパーミッションが666とかになり、500エラーがでますので、そこは注意です。

なんで、DNSを切り替えたら、こんなエラーが出るのか? WADAXには問い合わせ中です。

こんなに面倒なサーバだったかしら……。WADAXさん、好きだったのに。
DNS切り替えは初めてだから、何かが違うのかなぁ。

【追記】
WADAXからの回答は、「事前確認用アドレスと、ドメイン表示用ではパーミッション設定の権限が異なりますためそうなりました」というような回答。
パーミッション設定を変えたら回避できるとか言われても、そんなことは重々承知。
私的には、なんで「事前確認用アドレス」のくせに、「ドメイン表示」と環境が変わるのか、そっちのほうが重要。
なんのための「事前確認用アドレス」なのか。

私が「他のサーバーでこんなことなったことないから」って書いたのが悪かったのかもしれないけど、
ご丁寧に「他社サーバーの仕様は弊社ではわかりかねます」とか返事してこられたのには、ちょっとびっくりしました。
まぁ、そうでしょうけど。

こんな「事前確認用アドレス」があてにならないサーバは初めてで、まったく説明になってない返事をもらったのもなんだかです。

昔は、WADAXさんなら大丈夫と思ってたけど、やっぱりいろいろと変わるもんですねぇ。

CKEditorのハイパーリンクのOKボタンが押せなくて

XOOPS内で、CKEditorモジュールを使用。
IE11で使用中に、ハイパーリンクが下図のような表示になって、OKもキャンセルも押せなくなります。hyperlink

通常は、
hyperlink2
こんな感じ。

IEで出ていたエラーは

SCRIPT5: アクセスが拒否されました。
ファイル: dnserrordiagoff.htm、行: 1、列: 1

この現象に関しては、

Issue found in IE11 and IE9 – Insert Hyperlink does not work

にある通り、4.3よりもバージョンが低い場合に起こるようなので、バージョンをあげてやればいいのだけども……。

でも、IE11でもちゃんと動いている環境があり、その差は、「テンプレートの追加を読み込んでる場合」と「読み込んでない場合」だった。

一度起こる様になったら、テンプレートの追加を切っても、起こる様になりましたので……不思議。
でも、javascriptのキャッシュも絡んでいて、なんだか、本当にちゃんと出ていた原因がそれだったのかも切り分けにくく。

そして、CKEditor4をバージョンアップしたら、投稿画面のエディターでなくなったし。

もー、前に何したか思い出さなきゃ……。

EC-CUBEのサーバ移行後、ログインできない。

EC-CUBEのサーバ移行後に、管理画面にログインできなくなった。

data/config/config.phpのAUTH_MAGICを移行前のデータにすればよいとのことだったので、そうしたらログインできるようになりました。

「遷移エラー」が出たら

→ ログインページのアドレスがインストール時に登録したものと同じかチェックする。(URLで登録したのでIPでアクセスしているとか

「idかパスワードが間違ってます」と出たら

→ 間違ってないか再度確認

→ data/config/config.phpのAUTH_MAGIC を同じにしてみる

→ 管理者用のパスワードを忘れた場合はどうすれば良いの? を参考に、パスワードを再度セットする。

EC-CUBEのtemplate変更したら商品コードや値段が2個出る。

見てもらったほうが早いので。

こんな感じ。

なんでかなぁと思って、いろいろ見てたら、

idツꀀproduct_code_defaultの要素とidツꀀproduct_code_dynamicの要素に対して、jsで表示をしたり消したりをしているのね。
それを、私がデザイナーからもらったテンプレートに従って、「product_code_default」だけ名前を変えたものだから、二つ出ちゃうという変な現象がおこっているのですね。

気をつけなくてはなー。

【EC-CUBE2.11.1】csvで登録したらカテゴリー階層がおかしくなった。

【EC-CUBE2.11.1】csvで登録したらカテゴリー階層がおかしくなった。

初期の「食品」や「アイス」などのカテゴリーを、
欠番を出したくなかったので、csvをダウンロードして「階層」「親カテゴリーのID」などを打ち替えてアップ。
ついでに、他のカテゴリーの情報も入れてアップしました。

A1┬A1-1
├A1-2
│ ├A1-2-1
│ └A1-2-2
├A1-3
└A1-4
B1┬B1-1
├B1-2
│ ├B1-2-1
│ └B1-2-2
└B1-3

入れたデータはこんな感じ
カテゴリID,カテゴリ名,親カテゴリ,階層,
1,A1,0,1,
2,B1,0,1,
3,A1-1,1,2,
4,A1-2,1,2,
5,A1-3,1,2,
6,A1-4,1,2,
7,B1-1,2,2,
8,B1-2,2,2,
9,B1-3,2,2,
10,B1-4,2,2,
11,A1-2-1,4,3,
12,A1-2-2,4,3,
13,B1-2-1,8,3,
14,B1-2-2,8,3,

そうすると、管理画面の「ツリー構造」の部分が下記のようにおかしくなりました。
A1┬A1-1
└A1-2
├A1-2-1
└A1-2-2
B1┬B1-1
├B1-2
│ ├B1-2-1
│ └B1-2-2
├B1-3
├A1-3
└A1-4

Aに所属させたいカテゴリーがBにきています。
ただ、例えば「A1」をクリックすると、ちゃんと編集は「A1-1」から「A1-3」まで展開されます。
管理画面でいうと左側のツリー構造がおかしい。
そして、ブロックのカテゴリー表示もおかしい。

なんでだろうなぁと悩み、いろいろと見た結果「表示ランク」もいじる必要があるのかなぁと思い、表示ランクもcsvで落として以下のように入れました。

Continue reading

EC-CUBE2.11.0 規格を二つ登録したとき商品表示の際にエラーが出る

EC-CUBE 2.11.0使用
サーバーはWADAX

商品詳細ページやリストページの、商品に対する規格が二つ設定されているときに出てくるエラーです。

エラーの詳細
ユーザー エージェント: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; InfoPath.1)タイムスタンプ: Thu, 21 Apr 2011 05:16:58 UTC

メッセージ: ‘classCategories[…]’ は Null またはオブジェクトではありません。ライン: 74文字: 9コード: 0URI: http://www.XXXX/online-shop/js/products.js

localのサーバのときは一切でてこなかったエラーで、サーバにインストールしたときに出るようになりました。

テンプレートの改造時に何かいろったかなと思い、デフォルトにしてみましたが同じエラーが出ます。

色々と調べていると以下の様な記事を見ました。

2.11 初期状態の JavaScript エラー

サーバ依存によるエラーだそうですが、JSONあたりからちょっとよくわからなくなってしまった。

規格が1つの場合は問題ないので、2つのときに何かおかしなことがおこっているのでしょう。

JSONも勉強せんなん? もっと単純にSELECTを書かせるわけにはいかないのかなぁ。

(追記)2011.05.07

コミュニティの方でいろいろと調べて下さってて、以下のような対処方法が出ていました。

http://xoops.ec-cube.net/modules/newbb/viewtopic.php?viewmode=flat&order=ASC&topic_id=7879&forum=8

重くなるらしいですが、対処してみたらちゃんと規格2が出るようになりました。商品点数はそれほど多くならなさそうなので、これで対応していきたいと思います。ひとまずは。

EC-CUBEの管理画面トップページ、更新情報の取得に失敗

サーバはWADAX。EC-CUBEのバージョンは2.11.0。でも、2.4のときも成ったから、多分サーバの仕様?

管理画面ログイン後の更新情報の取得に失敗というエラーがでます。

対応は

http://xoops.ec-cube.net/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=2207&forum=11&viewmode=flat&order=ASC&start=0

の、

/{Server_Root}/data/class/pages/admin/LC_Page_Admin_Home.php

の変更で、どちらのバージョンもいけました 😀

EC-CUBE 会員登録の完了ページが404エラー

サーバはスマイルサーバ。フォルダはhttpとhttpsの二本立て。

会員登録の入力データを確認し「登録する」をクリックすると、「会員登録完了」のページが404エラーになる。

原因は、httpsのdataのinstall.phpの

HTML_PATH を、httpと同じにしてしまっていたこと。「/※※※/https/オンラインショップフォルダ/」とこれも直さなくちゃならなかった。

会員登録以外はエラーも出ずに動いていたので、気づかなかった……。

会員登録を仮登録にしたいのに反映されない。

サーバーはスマイルサーバ。独自SSL使用。
ドキュメントフォルダとSSL用フォルダは「http」と「https」で、どちらにもファイルをインストールしなくちゃならないという、少し厄介なサーバーでございます。

「システム管理」>「パラメータ管理」よりCUSTOMER_CONFIRM_MAILをtrueに変更。

これで、会員登録の仮登録設定ができるはずなのに、
ちっとも反映されない。即効本登録。

サーバーのdata/cacheに入っている、「mtb_constants.php」というキャッシュの「CUSTOMER_CONFIRM_MAIL」がfalseのままだったというのが原因だった。

cacheしつこいなーと思うときがある。

httpsフォルダのcacheの残り方がしつこい……。何が違うんだろう?気のせいかな。