久しぶりのXOOPS真っ白

ずいぶん前に納品したクライアントさんから、リニューアルのご相談を頂き、久しぶりにそのクライアントさんのテスト環境を立ち上げたら、真っ白。

・・・・・・真っ白ー!!

ということで、新しくインストールしなおしたりして何度も挑戦してみるけど、リストアの時点で真っ白になる。

なぜだ。

分割してリストアしてみると、configのテーブルが原因だとわかる。
そして、ちょっとずつINSERTしていくと・・・・・・平気。

んー。真っ白になる前となった後のconfigのデータベースをぼうっと見つめていて・・・・・・ひらめいた。
protectorや!!

なんかの拍子に自分のIPを排除対象にしちゃったんだな。

ということで、
XOOPS_URL/modules/protector/admin/rescue.phpにアクセスして、登録していたパスワードを入れたら、元に戻りました!!

久しぶりすぎて何にもひらめかんかった。
1時間、うだうだと調べてしまったわー。

(追記 2011.06.01)

レスキューパスワードも忘れてしまった(未設定)場合、データベース直接いろいました。
xx_configテーブルの、bad_ipsを参照です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です